法人・事業主のお客様
           

法人・事業者の方のニーズにあったサポートをします

経営者にとって悩ましいのは、弁護士に依頼するコストと得られる成果の予測です。

また、企業法務の特徴は、企業の風土、文化、事業の強みや弱み、今後の経営施策等によって、

弁護士が担うべき役割や求められていることが異なることです。

コストに見合う成果が得られるか、自分の会社の内情を理解して進めてくれるか等

そうした視点を大事にし、柔軟に対応する弁護士にご相談ください。

人事・労務

スピカ法律事務所は経営者にとって悩みが多い、人事・労務に対して幅広く法的なアドバイスを行っております。
就業規則、配転、休職、解雇、労働時間、労災、団交等だけでなく、M&Aにおける法的監査(人事・労務における調査と助言)も行っております。

  • 就業規則・雇用契約

    就業規則、雇用契約等に不備があると法的な紛争を生じやすく、また当初から不利な状態となることが多いため、整備することで紛争を未然に防止することができます。

    就業規則等の整備
  • 労働組合対応

    労働組合との交渉は、非常に特殊であり、団体交渉における対応を誤まると大きな紛争に発展しかねません。

    団体交渉対応
  • 労働災害対応

    不慮の事故が起きた際にどのように対処すべきか、企業に対するダメージを最小限に抑えるためのアドバイスをします。

    労働災害対応
  • 紛争予防

    配転、出向、休職、退職勧奨、解雇等は早い段階で弁護士に相談することで訴訟・労働審判等の法的紛争を予防することができます。

    残業代の適正化
  • 労働審判・訴訟

    訴訟前には、労働紛争を効率的に解決するために必要なことであれば交渉などもします。円満な解決を目指すためにしっかりと準備をします。

     
    労働紛争・訴訟
  • 社外窓口の設置

    セクハラ・パワハラ等は、社外のコンプライアンス・カウンターを設置することにより、迅速に社内で対処することが可能となります。そうした社外窓口の設置のアドバイスをいたします。


    雇用関係助成金

知的財産

  • 知的財産
  • 特許、商標、意匠、著作権等に関するご相談に幅広く応じます。警告書が送付された場合の対応、侵害訴訟、無効審判等に対する対応をいたします。

    • 警告書対応
    • 侵害訴訟
    • 契約締結交渉
    • 不正競争防止法
    • 知財戦略支援
    • 特許ライセンス交渉

契約書チェック(作成、レビュー)

  • 契約書の作成・リーガルチェック
  • 将来の紛争を予防するためには、その取引や会社の実情にあった契約書や覚書を作成することが重要です。また、極端に不利な内容の契約を取り交わすことのないように弁護士の確認を得ておくことも予防になります。
    当事務所は、打合せをし、取引のスキーム等を理解して実情にあった内容の契約書を作成します。

    • 取引実態と締結すべき契約についてのアドバイス
    • 各種契約書の作成・確認
    • 取引約款、規約の作成
    • 社内規程の作成・整備
    • 国際契約
    • 各種許認可

債権回収・保全

  • 債権回収・保全
  • 迅速な債権回収に必要なことは、回収の見込みの見極めと最適な手段の選択です。また、危機的状況に至る前に与信管理をする必要があります。

    • 内容証明郵便
    • 契約書・公正証書の作成
    • 交渉
    • 仮差押え
    • 支払督促
    • 即決和解・ 調停・訴訟

M&A

  • M&A
  • 当事務所では、M&A(企業買収)の際に行われるデューデリジェンス等で買収先の企業が抱える問題点につき、リサーチし、助言をすることで適切な企業評価の手助けをします。大手の事務所が取り扱わない小規模な案件に特化してアドバイスいたします。

    • 友好的買収・結合
    • グループ内組織再編
    • 非公開化案件
    • 敵対的買収
    • 買収防衛策の策定
    • 価格決定申立

顧問契約

  • 顧問弁護士について
  • 顧問弁護士契約とは

    顧問契約によって継続的な関係性が築かれるため、依頼に関する契約のことだけではなく、会社の実情、取引先との力関係、契約の位置付け、当該企業の取引慣行、業界常識等につき、充分に理解・把握した上で、依頼に取り組むことができます。

    お気軽にご相談いただけるのが顧問契約です

    例えば、「こんなことをわざわざ聞いても、いいのだろうか。」、「こんなことも知らないのか、と嫌な態度をされないだろうか。」等と悩むことなく、継続的な付き合いの中で気軽に問合せをし、顧問先から優先的に処理をいたします。