スピカの窓口
コラム
2018.09.25

交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットについて

交通事故に遭ったとき、相手の保険会社の言い分に納得できなくても「弁護士に依頼するほどのことではない」と考えてしまう方がいます。
しかし多くの交通事故では、弁護士に依頼する方が圧倒的に有利になります。

 

今回は、交通事故で弁護士に依頼するメリットをご説明します。

 

1.弁護士基準が適用されて賠償金が上がる

交通事故の被害者が自分で加害者の保険会社と示談交渉を進めるとき、相手の提示する慰謝料や休業損害などの金額が低く、不満を感じる方が非常に多いです。
それは、相手が低額な「任意保険基準」で賠償金を計算しているからです。

弁護士に依頼すると、高額な賠償金計算基準である「弁護士基準」が適用されるので、大幅に慰謝料が増額されます。弁護士基準で計算すると、任意保険基準と比べて慰謝料が3倍になるケースもあります。
弁護士基準は法的に適正な基準なので、被害者は本来的に弁護士基準による賠償金を受け取る資格を持っています。弁護士はそのお手伝いを致します。

 

2.後遺障害認定を受けやすくなる

交通事故で被害者が適切な補償を受けるためには、「後遺障害認定」が非常に重要です。
後遺症が残って身体が不自由になっても、後遺障害認定を受けなければ慰謝料や逸失利益を支払ってもらえないからです。
被害者が自分で対応すると、後遺障害が否定されてしまったり、思ったより低い等級になってしまったりする可能性が高くなります。
弁護士であれば、後遺障害認定手続きについての知識もノウハウも持ち合わせているので、適切に手続きを進めて、より確実に後遺障害等級認定を獲得します。

 

3.過失割合が適正に算定される

交通事故の賠償金算定では「過失割合」が非常に重要です。被害者の過失割合が高くなると、過失相殺によって受け取れる賠償金を減らされてしまうからです。
被害者が自分で示談交渉をすると、保険会社が過大な過失割合をあてはめてきて賠償金を減らされてしまうことが多いですが、弁護士が対応すると、適正な割合に修正されて、賠償金が全体的にアップします。

 

4.安心できて、精神的にも楽になる

交通事故に遭うと、いろいろな不安があるものです。
● この先、仕事や生活はどうなるのか

 ● どのくらいの賠償金が支払われるのか

 ● 解決するまでどのくらいの期間がかかるのか

 

また、相手の保険会社との示談交渉のやり取りもストレスになります。

 

弁護士に相談すると、状況に応じた適切なアドバイスを受けられるので、上記のような不安は解消されます。示談交渉を依頼すれば、相手の保険会社とのやり取りをすべて弁護士が行うので、依頼者本人は日常生活や仕事に専念できます。

 

交通事故に遭われたとき、被害者がお一人でできることには限界があります。
お困りの際には、お早めに弁護士までご相談下さい。